尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年10月1日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:曇りのち晴れ
■気温:14.3℃(最高)、9.4℃(最低)
山の天気予報と言うのはなかなか当たらないもので、昨日の予報は「曇り」でした。
ところが朝起きてみると外は明るく、久しぶりに青空が眩しい晴天でした。
そんな秋晴れの日に至仏山へ登りました。
風が涼しく、歩くのには丁度良い、絶好の登山日和でした。
登ってきた東面登山道を時々振り返ると、眼下に尾瀬ヶ原の草紅葉の景色が広がりました。
写真は標高2000m付近から尾瀬ヶ原を望んだ様子です。
空の青さと、赤や黄色に色づき始めた樹木の紅葉、赤茶色に色づいた尾瀬ヶ原の草紅葉がとても見事で、少し歩くたびに何度も何度も振り返ってその景色を楽しみました。
至仏山からの展望
至仏山の東面登山道は森林限界を過ぎると、蛇紋岩の岩場になります。
時には写真のよう手や鎖を使ったり、足が重たく感じる急斜面を登って行きます。
立ち止まってふと見上げると登山道の脇の樹木が紅葉していました。
息があがるたいへんな登山道も、植物は季節を観じながらたくましく生きているのだと思い、
こちらも励まされた気分になりました。
登山道
至仏山は気軽に登るのは難しい山ですが、この景色は多くの方に見て頂きたい景色です。
防寒着等この時期に相応しい装備を用意して、ぜひ至仏山へ登ってみてください。
担当:春山



< 前ページに戻る
PAGE TOP