尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年9月18日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:雨のち曇り 
■気温:11.2℃(最高)、15.5℃(最低)
今日は朝から灰色の雲が立ち込め、時折小雨も降るようなお天気でした。
こんな天気のせいでしょうか・・・
木道を歩く人影がまばらです。
せっかく草紅葉が始まった尾瀬ヶ原も寂しそうに雨の雫に濡れています。
ビジターセンターも閑散としています。
先週末は人で混み合っていた展示室も写真の通り今日はガラガラです。
週末の忙しさに向けて展示されているツキノワグマもひとやすみといったところでしょうか。
気象観測
さてこんな日でもビジターセンターの仕事は色々あります。
そのひとつが以前にも紹介した毎日2回計測を行う気象観測です。
これ、その気象観測用の地中温度を測る温度計の写真なのですが、1ヶ月ほど前からこの計測用の囲いの中に何やら草が運ばれてきて・・・
ネズミの巣
実はこれ、ネズミの“巣”なのです。
残念ながら姿を確認することができないまま、巣作りを断念してどこかへ行ってしまったようです。
蓋がしてある枠の中は雨に濡れることもなく、また外敵に襲われることもなく巣を作る場所として適当な場だったと思われますが・・・
1日2回も気象観測の度に覗かれるようでは、安心して住むわけにはいかなかったのでしょうね。
職員もネズミに会うのを楽しみにしていたので、残念がっています。
担当:春山



< 前ページに戻る
PAGE TOP