尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年9月17日-尾瀬沼ビジターセンターより

■天気:晴れ
■気温:21.6℃(最高)、7.7℃(最低)、12.6℃(9時)
9月も中旬、「草紅葉と木の紅葉はどうでしょうか?」というお問い合わせをいただきます。大江湿原は草紅葉がそろそろ見頃になってきました。10日、11日には霜がおり、朝晩もずいぶん冷え込んできました。それでも日中は20℃近くまで気温が上がるので紅葉には良い条件がそろっているようです。ナナカマドやサクラの紅葉も始まり、これから色鮮やかな尾瀬の様子をお伝えできると思います。台風こないで~!    
草紅葉と霜
昨日と一昨日、オオバコの抜き取り作業をしました。オオバコは人の足や荷物にくっついて入ってきて根付いた植物で、本来尾瀬には無かった植物(移入種)です。登山道脇を改めて見ると、「こんなに!?」と思わず声が出るほど沢山生えています。気の遠くなるような作業ですが、頑張ります!
移入種
                                                            担当:小山、佐藤



< 前ページに戻る
PAGE TOP