尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年9月8日-尾瀬沼ビジターセンターより

■天気:雨のち曇り
■気温:18.9℃(最高)、11.7℃(最低)、16.1℃(11時)
大江湿原で木道工事が始まり、尾瀬の木道は少しずつ新しいタイプに生まれ変わっていて、この通称『木道くん(この顔だと木道さん?)』と私たちが呼んでいる木道は尾瀬から消えつつあります。以前は太い木を半分に割って木道1本分だったので左右対称になり木目が顔に見えたのですが、今は太い木が少なく4本の細い角材で木道を敷いているので、顔のようには見えません。いろんな表情が見られる木道くん、探してみませんか?
20080908n1 (カスタム)
そして針葉樹林内の木道上で、最近よく落ちているオオシラビソのバラバラの実。いつも何だろうと思っていましたが、先日犯人発覚!すばやい動きで写真は撮れなかったのですが、リスの仕業でした。木の実やキノコなど森の実りが増え、動物たちも冬支度を始めているようです。冬の訪れが早そうな気がする、最近の尾瀬沼です。
20080908n2 (カスタム)
担当:小山



< 前ページに戻る
PAGE TOP