尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年9月4日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:晴のち曇り
■気温:25.3℃(最低)、16.4℃(最低)
昨年の10月に破損し応急処置の状態でご不便をおかけしていた、ビジターセンターの展示室出入口のデッキの補修作業が始まりました。工事中は展示室への出入口が使用できませんので、レクチャールームから入館していただきますようお願いいたします。ビジターセンターは毎年多くの入山者を迎える尾瀬ヶ原の玄関ともいえるところです。来週早々には新しいデッキも完成予定ですので、尾瀬入山の際はぜひお立ち寄り下さい。
080904y-1.jpg
最近見かける事が多くなったこの蝶。よくイワショウブやオゼミズギクに飛んできています。ここ数週間は研究見本園で目にする機会が多くなりました。でも蝶やトンボの写真は被写体が小さく、うまく写真に撮ることができませんでした。その為、図鑑で調べることも出来なかったのです。ところが今朝見本園を早朝散歩していると、白いイワショウブの花の蜜を吸うこの蝶を見かけ、やっと写真に納める事ができました。ビジターセンター職員数名で図鑑で調べてみると「ベニヒカゲ」という種類だということがわかりました!このベニヒカゲは黒っぽい羽にオレンジ色の斑紋が鮮やかで目を引きます。本州では高山の蝶として知られているそうです。蝶の種類がまたひとつ判明し、観察会などでみなさんに紹介することのできる種類がひとつ増えたことに、喜びを感じました。
080904y-2.jpg
担当:石田、春山



< 前ページに戻る
PAGE TOP