尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年8月26日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:曇り時々雨
■気温:19.7℃(最高)、10.5℃(最低)
ここ一週間ほど、最高気温が20℃を下回る日が続いています。
この寒さで紅葉をはじめた樹木がちらほらとみられるようになりました。
ビジターセンターの近くでもミネザクラ(写真)やシウリザクラ、コマユミなどが色づいてきました。
尾瀬の夏はもう過ぎてしまったようです・・。
080826y-1 (WinCE)
最近、鳩待峠~山ノ鼻間のテンマ沢(クマの鐘のある付近)を通る際、
キジバトの「バサバサ」という羽音に驚かれた方がいるのではないでしょうか。
キジバトは、ミズバショウの葉が倒れた辺りでよく見られます。
では、誰がミズバショウの葉を倒したのでしょう?
正体はツキノワグマ。ミズバショウの実を食べて歩いた痕なのです。
ミズバショウ以外の植物は少ないので、もしかすると、
キジバトもミズバショウの実を食べているのかもしれません。
080826y-2 (WinCE)
担当:大林、秋山



< 前ページに戻る
PAGE TOP