尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年8月20日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:晴のち曇り
■気温:20.8℃(最高)、11.5℃(最低)
昨日は雨がよく降りました。
日降雨量は68mm、1時間雨量は最大で15:00~16:00に22.5mmにもなりました。
山に囲まれた尾瀬ヶ原では、こうした大雨の後しばらくすると、川があふれます。
そして、湿原の草花も木道さえも冠水(かんすい・水をかぶること)してしまいます。
はじめの写真は、昨日の17:00過ぎに撮影したものですが、ちょうど冠水しています。
080820y-1-1.jpg
一方、次の写真は、ほぼ同じ場所から今朝の5:00過ぎに撮影したもので、
すっかり水が引いているのがわかるかと思います。
ダイナミックな水の動きには驚かされるばかりです。
080820y-1-2
担当:根岸、橋本
チョウジギクという花は、キクと名がついているのに、
何とも不思議な姿形をしています。
この花、尾瀬ヶ原では分布が限られ、
見晴十字路から赤田代分岐の間と東電尾瀬橋付近にのみ見られます。
「お花発見チェックマップ」にも載っているチョウジギク、
ぜひ実物をじっくり観察して、自然の造形にふれてみて下さい。
080820y-3.jpg
担当:吉岡



< 前ページに戻る
PAGE TOP