尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年8月19日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:曇りのち雨
■気温:22.6℃(最高)、15.6℃(最低)
早朝、尾瀬ヶ原に出て、その美しい広がりを目にした瞬間、思わず、ここに居ることができる幸運に感謝することがあります。今朝は、樹上でじっと遠くを見ているキジバトが目に入ってきました。その間、15分ほど。何を見ていたの?私と同じ景色を見ていたのかもしれないね。
080819y-1
ミズバショウの実が熟して、湿原にクマの姿が目撃されるようになりました。昨秋、森で、ブナの実がたくさんなったせいでしょうか、この春生まれの子グマをつれた親グマも複数確認されています。今朝は、木道で親子グマの足あとを撮影できました。対角に残された親グマの足あとの間に、子グマのものと思われる小さな足あと。親にぴったり寄り添って、一生懸命歩いていく子グマの姿が目に浮かぶようです。
080819y-2
担当:根岸、橋本



< 前ページに戻る
PAGE TOP