尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年8月15日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:晴れ
■気温:24.8℃(最高)、13.4℃(最低)
数日前はまだ緑色で堅いつぼみだった「トリカブト」の花が
今日やっと咲きました。
トリカブトの名前の由来は花の形が「兜」の様な形を
しているからという説を聞いたことがあります。
トリカブト
確かにつぼみ(写真手前)と開花後(写真奥)では開いた花弁が
烏帽子の形に開いている様に見えませんか?
花粉を取りに来たマルハナバチが花の中に頭を入れて、
まるで帽子をかぶっているようですね。
至仏山頂付近では、いまヒメシャジンとミヤマウイキョウがたくさん咲いています。
花の種類は少なくなってきましたが、まだつぼみの多いウメバチソウや
オレンジ色に色づくネバリノギランなど、これからも楽しめそうです。
至仏山登山
ただし、至仏山を登る方は注意!です。
山ノ鼻と山頂を結ぶ東面登山道は、昨年から植生保護と登山者の安全のために
上り専用となっています。
が、巡回のときにも下って来る人と何人もすれ違いました。
写真にあるように鳩待峠登山口でも、看板でお知らせしていますので
気付かなかった、ということのないようにお願いします。
担当:春山、大林



< 前ページに戻る
PAGE TOP