尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年8月13日-尾瀬沼ビジターセンターより

■天気:晴れのち曇り
■気温:22.2℃(最高)、13.0℃(最低)、18.6℃(9:00)
樹林内を歩いていると、葉っぱの上で何やら動く気配。ウン・・・?とのぞいてみると、クモではない足の長い物体。ちょっと不思議なこの虫、ザトウムシといいます。クモの仲間ですが、頭胸部と腹部にくびれがなく、糸も紡げませんが、よ~く観察するとかわいい動きをします。お子さんと一緒にぜひ、どうぞ!
ザトウムシ
湿原の中にある道に気づきますか?この道はけもの道といわれる動物の通った跡です。今朝、尾瀬沼ではツキノワグマの目撃がありました。大好物のミズバショウの実が熟し、ツキノワグマはこれからしばらくの間、早朝や夕方湿原に現れることがあります。通行の際は鈴や手をならす、話をするなど自分の存在をクマに知らせ、遭遇しないよう注意してください。
ケモノ道
担当:小山



< 前ページに戻る
PAGE TOP