尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年7月28日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:晴れ
■気温:20.5℃(最高)、11.5℃(最低)
今朝の最低気温は11.5℃と低目でした。
もうすぐ8月なのにもかかわらず、今日は肌寒い一日になりました。
でも尾瀬ヶ原の植物は確実に季節と共に変化しています。
山の鼻地区の研究見本園では、1週間ほど前から
気になっていたつぼみが昨日花を咲かせました。
コオニユリです。
橙色のユリの花でもうひとつよく似たクルマユリがありますが、
クルマユリは葉っぱが放射線状に付くので区別がつくと思います。
橙色のコオニユリはよく目立ち、尾瀬ヶ原を訪れる多くの人に聞かれます。
とても目立つ色の花ですので、みなさん是非コオニユリ、
クルマユリを探して、その違いを観察してみてください。
コオニユリ
7月26・27の両日、至仏山の登山者を対象に
鳩待峠・山ノ鼻の各登山口において、
携帯トイレの試験配布が行われました。
皆さんのアンケートの結果を参考に、
至仏山の適正な利用の実現に向け、
活動を進めていきます。
ご協力いただいた登山者の皆様、ありがとうございました。
至仏山調査
担当:春山、吉岡



< 前ページに戻る
PAGE TOP