尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年7月9日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:くもり
■気温:21.8℃(最高)、14.5℃(最低)
 
山の鼻ビジターセンター近くの木道沿いにショウキランが咲いています。ちょうど目につく位置にあり、窓口で聞かれることも多くなりました。葉緑素がないために淡い紅色を帯びた白色をしています。また、腐生植物のひとつで、同じ仲間にはギンリョウソウなどがあります。咲く場所が限られた種類ですので、ぜひ大事に観賞を続けたいものです。
080709y-1.jpg

研究見本園でだいぶ目立ってきました。ネバリノギランです。名前に「ラン」とつきますがユリ科の植物で、花の茎や外面がねばることからこの名がついたようです。花の茎は20~30cmの高さがあり、ひょろひょろっとした印象を与えます。花色は地味ですが、この特徴できっと見つけることができると思います。
080709y-2.jpg

担当:根岸



< 前ページに戻る
PAGE TOP