尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年6月19日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:くもり
■気温:最高気温【22.4】 最低気温【5.8】
バラ科のズミという木の紅色のつぼみが目立っています。
湿原と林の境目に帯状に生えています。葉の形に御注目!
特徴はというと葉の形が一様ではなく、とらえどころがないのが特徴です。
花がちらほらと咲き始めましたが、その画像は後日のお楽しみ。
ズミ

尾瀬ではたくさんのスミレが見られます。今、湿原で目立ているのは
このオオバタチツボスミレ。湿原や湿った林になどに生える大型のスミレで
花びらに紫色の筋が多く、花びらの付け根付近に毛があります。
オオバタチツボスミレ

担当:西嶋・秋山



< 前ページに戻る
PAGE TOP