尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年6月13日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:はれ時々くもり
■気温:14.3℃(午前9時)
今朝の尾瀬は霜が降り、ビジターセンターではまだストーブをつけている日もあります。
相変わらず、雨が急に降ったり、風が冷たかったり、気分屋の尾瀬のお天気です。
今朝、研究見本園を歩いていると、木道沿いに、タテヤマリンドウがたくさん咲いていました。
このお花も晴れた日は咲きますが、曇や雨、夜は花を閉じてしまいます。
花を開いたり閉じたりするのも、植物にとっては、子孫を残すための大事な手段です。
竜宮あたりで白いタテヤマリンドウも咲いていたので見つけてみてください。
タテヤマリンドウ

昨日の巡回で横田代・アヤメ平を見てきました。
湿原の雪は消えてすでに多くの花がみられたものの、林内、特に針葉樹林内ではまだ残雪がありました。
雪は氷のように固くなっていて滑りやすく、周囲の木道は泥でぬるぬるとしていました。
あと10日もすると、横田代・アヤメ平の湿原では多くの花が一斉に咲きそろう期待がもてました。
もう少しすると静かな花の旅が楽しめそうです。
しっかりとした登山靴ででかけてみてください。
アヤメ平

担当:木下、西嶋



< 前ページに戻る
PAGE TOP