尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年6月12日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:曇ときどき雨
■気温:10.9℃(午前9時)
山ノ鼻の研究見本園では、チングルマが次々に開花しています。
最近になって、急に花の種類が増えて、
季節が春から夏に向かって進んでいることを実感します。
隣には、今伸び盛りのワタスゲが並んでいます。
湿原に咲く花には小さいものが多いので、
しゃがんで子どもの目線になると、
じっくり花を観察できますよ。
チングルマ

尾瀬の自然ミニガイドツアー(所要時間40分)で、
尾瀬の自然をじっくり観察するのもおすすめです。
(詳しくは5月31日の日記をご覧下さい)
担当:吉岡
【事務局より】
本日、鳩待峠からアヤメ平を経由し富士見峠まで巡視を行いました。
アヤメ平では、チングルマやショウジョウバカマが白(黄色)とピンクで彩りよく見られます。
また、横田代や富士見田代ではミズバショウも見頃でした。
登山道には、まだまだ雪がある箇所があります。また、木道上には多くの落ち葉があり、雨が降ったりすると、大変滑りやすくなります。
十分な装備をしていただき、転倒等には十分注意してください。
アヤメ

担当:小野里



< 前ページに戻る
PAGE TOP