尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年6月9日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:晴れ
■気温:15.9℃(午前9時)
湿原には、よく油のようなものが浮いているのが見られます。
ビジターセンターにもたくさんの問い合わせがあるのですが、
これは、油が浮いているのではなく、
湿原の様々な成分が水の上に浮いて、ごくうすい膜になっている
ものです。しゃぼん玉が七色に輝くように、光の加減により、
虹色に反射します。
油でない証拠に、そっと触るとあっというまに膜は割れてしまいます。
自然の営みのなかでは、こんな現象も見られるのです。
H20.6.9山

担当:落合



< 前ページに戻る
PAGE TOP