尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年5月15日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:晴れ  
■気温:6.0℃(午前9時)
青空が広がった今日の尾瀬。研究見本園からも至仏山がくっきりと見えています。
残雪がまぶしくて、サングラスなしではいられません!
久しぶりにすっきりと晴れて、気分もうきうきしてきます。
この日差しで雪解けが一段とすすみそうです。
H20.5.15山①

雪の踏み抜きに注意しながら見本園を歩いていたら
木道脇にザゼンソウが咲いていました。
あちらこちらで春を感じられる今日このごろです。
H20.515山②

追記:
鳩待登山口-山ノ鼻間の残雪状況(5/14現在)
・この区間では、歩道が残雪に覆われているのは7割程度。
・全体に、登山靴+スパッツでの歩きが十分可能な状態。
・木道を離れて歩く必要な箇所は殆どない。
・登山口周辺は除雪・雪解けがともに進んでいるが、まだ残雪はある状態。
 雪解けして石段が見えているのは半分程度。水もでているので、滑らないように注意。
・階段部分、沢を渡る橋部分なども、特に危険な箇所はない。
 ただし、残雪と木道の境目では靴裏の雪が木道上で滑るので、最初の一歩は気をつけた方がいい。
・木道露出部分は、晴れた日の早朝は凍結するので特に注意。
・川上川を左手に見ることができるところ(中間点)まで階段で下って以降の、
 平地部歩きで、踏み抜きに要注意。川上川橋に近づくほど、特に注意。
担当:大林、根岸



< 前ページに戻る
PAGE TOP