尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

シーズン間際 山ノ鼻での準備作業

尾瀬はまだまだ残雪があり、木道も見えていない状態ですが、シーズン開幕に向けた準備作業が始まりましたので「今日の尾瀬」特別版としてお知らせいたします。
【山の鼻ビジターセンターより】
尾瀬保護財団では、4月21日から24日までの4日間の予定で山ノ鼻地区に入山し、25日の鳩待峠までの道路開通に向けて準備作業を行っています。
22日は尾瀬ヶ原の橋板のとりつけを行い、
きょう、23日は公衆トイレの供用とビジターセンターオープンに向けて、
周辺の除雪と施設の開設作業を行っています。
きょうまでの3日間は毎日晴天続きで、作業は順調にはかどっています。
上ノ大堀川橋の橋板をとりつけているところ。
冬期は積雪による橋の損傷を防ぐため、橋板をとりはずして積もる雪の量を少なくしています。
橋かけ作業

ビジターセンター前の除雪作業です。
5月1日の仮オープンに向けて展示室の入口を除雪しています。
除雪隊

作業にあたっている8名の勇姿?です。
除雪作業

尾瀬山の鼻ビジターセンター(西嶋)



< 前ページに戻る
PAGE TOP