尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2007年10月26日-尾瀬沼ビジターセンターより

■天気:曇りのち雨
■気温:16.0℃(最高)、3.0℃(最低)9.3℃(9:00)
尾瀬沼地区のカラマツを大江湿原から見たところ。
手前左のダケカンバの木が、つい最近まで黄色く色づいていたと思ったら、もうすでに葉を落とし冬の準備にはいっています。
カラマツの紅葉は今が見ごろ。晴れた日に風が吹くと、透き通る金色の糸のような葉っぱがさらさらと降り注ぎ、まるで光のシャワーを浴びているようです・・・
カラマツ

こちらはその尾瀬沼地区の桟橋から尾瀬沼を見たところ。
こちらには今たくさんの水鳥たちがやって来ています。マガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、アオサギ、そして今日はカワウも沼に浮かぶ岩の上で羽を休めていました。
北方から渡ってきた水鳥たちは、尾瀬沼で羽休めした後、再び南へと旅立っていきます。
尾瀬沼の桟橋

そして・・・
私たちビジターセンター職員もそろそろこの尾瀬沼とお別れです。
今年は10月31日までの営業が終わると、みな渡り鳥のように越冬していきます。
約半年間続けてきたこのブログも今年はひとまず終了です。
また会いましょう

尾瀬を訪れた皆さん、自分だけの特別な風景に出会えたでしょうか?
また来年もこの尾瀬沼のほとりでお会いしましょう。
担当:佐々木



< 前ページに戻る
PAGE TOP