尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2007年10月24日-尾瀬沼ビジターセンターより

■天候:快晴
■気温:8.1℃(最高)、-7.2℃(最低)、6.3℃(9:00)
 
 今日の尾瀬沼は最高にきれいでした。湿原の紅葉も終わって、全体的に枯葉色にかわるこの季節、一際、尾瀬沼ブルーが美しく映えて、思わずため息が出ます。尾瀬沼の尾瀬沼らしい「碧」が見られる今、晩秋の頃が個人的には一番好きです。
沼ブルー

 今朝はとても寒い朝になりました。気温は今秋最低の-7.2℃。昨晩は、深夜からもう霜で、地面はカチカチ、センター前の水道も凍結しました。月夜の晩で、空気はき~んと澄み渡り、そのまま寝てしまうのには惜しいくらい美しい夜だったので、ふらふらと沼に出てみると、渡りガモたちの静かな息づかいが尾瀬沼に満ちていました。
冬の華-霜

 カラマツの黄葉が進んでいます。大江湿原の三本カラマツはもう
1週間というところでしょうか。周辺の木々の紅葉は終わり、残るはカラマツのみとなりました。今日のように晴れた日には青空にカラマツの金色がまぶしいくらいに輝いています。
カラマツ

 ナナカマドは、ヨーロッパでは妖精の集まる木だそうです。
妖精のご機嫌がよかったせいで今年はきれいに実りました。尾瀬のシーズンもいよいよ残り1週間。尾瀬でみなさんにとっての妖精は何でしたか、誰でしたか? 来年も素敵な尾瀬の旅になりますように・・・・。、
ナナカマド

担当:山下



< 前ページに戻る
PAGE TOP