尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2007年10月5日-尾瀬沼ビジターセンターより

■天気:くもり時々晴れ
■気温:14.6℃(最高)、9.0℃(最低)
 早朝の研究見本園。昨夜からの雨が上がり、綿アメのような雲が山の連なりを包んでいました。至仏山の姿は残念ながら望めなかったものの、斜面を流れ落ちる水の音が山鳴りのように聞こえました。東面登山道を下山した方からは、登山道が川のようになっていて苦労したという情報も届けられました。連休中は登山道が濡れて非常にすべりやすいでしょうから、山頂から山ノ鼻への下山は控えるのが無難でしょう。(西嶋)
雨上がり

 見晴から赤田代へ向かう木道から近くの林を見ると、真っ赤な樹木の幹が目にとまりました。よく見てみると、紅葉したツタウルシの葉が幹を覆ったもの。森の木々の紅葉(黄葉)があまり進んでいない中で、特別輝くような秋を感じました。(真田、根岸)
ツタウルシ

担当:根岸



< 前ページに戻る
PAGE TOP