尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2007年9月4日-尾瀬沼ビジターセンターより

■天候:快晴
■気温:19.0℃(9:00)、10.2℃(最低)、22.0℃(最高)
 大江湿原ではとうとうエゾリンドウが咲き始めました。濃い青紫色をした花は同じ色合いのトリカブトの花色とは微妙に違います。草紅葉の見頃を終え、湿原が枯れ野原になる10月下旬にはその「青さ」は尾瀬沼の青と共にさらに深さを増します。尾瀬、最後を彩るのはこのエゾリンドウです。
エゾリンドウ

 大江湿原も少しずつ色が変わってきました。特に、夕暮れ近くになると、日の光りでアキノキリンソウやアブラガヤなど湿原がキラキラ輝いて美しく、草むらから聞こえてくる虫の音も一段と高まるなか、「はっ」と気づけば肌寒い空気に鳥肌が立つ様子に、ついつい薄着の格好で出かけてきたことを悔やみながらそそっとセンターに戻りつつ思うことは、今日の夕飯何作ろう。・・・
初秋の大江湿原

担当:山下



< 前ページに戻る
PAGE TOP