尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2007年8月10日-尾瀬沼ビジターセンターより

■天候:晴れ
■気温:26.9℃(最高)、13.9℃(最低)、19.4℃(9:00)
ヤナギラン
大江湿原に「ヤナギランの丘」と呼ばれる小さな丘があります。
ここには長蔵小屋の平野長蔵さんのお墓が建っています。
今日はその長蔵さんが燧ケ岳を開山した日です。118年前の1889年のことです。
今日は一日中天気が良く、尾瀬沼からも燧ケ岳の山頂がはっきりと見えていました。初めて登った燧ケ岳の山頂から、長蔵さんは何を想っていたのでしょうか・・・
ちょうどこの時期ヤナギランの咲く丘から、今も尾瀬を見守ってくれているのでしょうか。
朝の湿原
大江湿原は季節によって、または時間によってもさまざまな色合いを見せてくれます。
朝の霧が立ち込めた湿原、沼山峠の方向から朝日が昇り始めると、あたりは真っ白な光のベールに包まれます。
光がカーテンのように木々の隙間から広がると、朝露に濡れた湿原が一面銀色に輝いていました。
ちょっと早起きした人が見られる特別な風景ですね。
担当:佐々木



< 前ページに戻る
PAGE TOP