尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

6月22日-尾瀬沼ビジターセンターより

天候:雨
■気温 14.1℃(9:00)、12.5℃(15:00)
 朝からしとしと雨の大江湿原です。もやに煙る湿原はしっとり雨に濡れ、人影もほとんどありません。ミズバショウ期の賑わいも落ち着き、尾瀬沼は静かな日が多くなりました。
湿原ではタテヤマリンドウ、イワカガミ、ヒメシャクナゲが咲き、ワタスゲの白い穂も少しずつ見えてきています。
雨の大江湿原

 雨の中、山を歩いていると、思わずはっとさせられるくらい綺麗な色合いの樹皮を見かけたことはないですか?これは、ビジターセンター近くのダケカンバの幹です。雨に濡れてさらに一層茶色味を帯びた樹皮が一際目をひきました。これと同じように、裏燧林道に多く見られるクロベという木があります。雨に濡れると光沢のある赤褐色になり、とても美しく、それを見るのが私の雨山歩きの楽しみの一つです。
樹皮

担当:山下



< 前ページに戻る
PAGE TOP