尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

平成26年度(秋冬) ニホンジカ捕獲作業について【群馬県】

【群馬県からのお知らせ】
尾瀬で秋~冬期ニホンジカの捕獲を開始します
 「群馬県尾瀬地域生物多様性協議会」では、ニホンジカによる貴重な植物への
食害や、湿原の掘り起こしなど、植生被害が深刻な状況にある尾瀬国立公園及び
丸沼周辺地域において、次のとおりニホンジカの捕獲を実施します。
 この事業は、尾瀬地域から越冬地に向かうニホンジカの移動経路において捕獲を
行うもので、春期(越冬地から尾瀬地域に侵入するニホンジカを対象)に引き続き、
尾瀬地域から越冬地に戻るニホンジカを対象にした、今年度2度目の捕獲作業と
なります。
 なお、春期の捕獲では、くくりわなにより151頭のニホンジカを捕獲しました。
1 実施期間
  平成26年10月14日(火)~12月31日(水)
  ※10月14日(木)から丸沼周辺で本格的な捕獲作業を開始します。
2 実施場所(別紙参照)
  (1) 尾瀬戸倉~大清水の旧道401号沿線
  (2) 丸沼ペンション街周辺
   (別紙)
    別紙
3 捕獲手段
  足くくりわな・銃
4 実施主体(委託先)
  群馬県尾瀬地域生物多様性協議会
  (地元猟友会:利根沼田猟友会片品支部、東京パワーテクノロジー(株)、
    日本製紙総合開発(株))
    20141006ニホンジカ捕獲作業について(群馬県)
〈参考〉
  群馬県尾瀬地域生物多様性協議会構成員:
   群馬県、片品村、(公財)尾瀬保護財団、東京電力(株)、尾瀬山小屋組合
●問い合わせ先●
  ・群馬県環境森林部自然環境課
    野生動物係 TEL 027-226-2874
    尾瀬保全推進室 TEL 027-226-2881
  ・片品村役場 TEL 0278-58-2113
環境省によるニホンジカ捕獲作業(銃・ワナ)については、こちらを御覧ください。
※2014年11月7日更新
   



< 前ページに戻る
PAGE TOP