尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山登山道閉鎖解除・東面登山道の利用について

平成19年6月20日
至仏山保全緊急対策会議
(事務局:尾瀬保護財団
群馬県庁17階)
TEL 027-220-4431
 至仏山登山道の閉鎖解除等を次のとおり行うこととしましたのでお知らせします。
1 閉鎖解除について
 至仏山保全緊急対策会議では、残雪期の植生保護を目的として5月11日から6月30日までの予定で至仏山登山道を閉鎖しておりますが、残雪の状況などについて調査・検討を行った結果、例年どおり7月1日(日)から解除することが決定されました。
2 東面登山道の利用について
至仏山東面登山道は蛇紋岩といわれる大変滑りやすい岩石でできているため、鳩待峠から入山し至仏山を越え、下りのルートで東面登山道を利用する場合、急坂であることもあり登山道脇の植生へ踏み込んでしまいやすく、東面登山道の植生荒廃の大きな原因となっています。さらに登山後半の体力的に疲れてくる時であり、また、午後は天気も変わりやすく、雨になれば急傾斜地の蛇紋岩も木道もより滑りやすくなるので大変危険です。
 このため至仏山保全緊急対策会議は、東面登山道を極力「上り」に利用するよう入山者に呼びかけていくこととしました。



< 前ページに戻る
PAGE TOP