尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

「ぐんまの自然とめぐみ」連続講座のお知らせ

(主催者より)
 平成22年9月23日(火)から10月31日(日)まで群馬県立自然史博物館で開催している特別展示「ぐんまの自然とめぐみー生物多様性を持続させるために-」に関連して、「生物多様性」をテーマとした連続講座を行います。
 生物多様性の概要から始まり、群馬県の魚類、鳥類、ツキノワグマ、植物の現状、そして昆虫を例にしたまとめの話へと続きます。
 「生物多様性」が全国的に話題になっている今、私たちの身の回りの自然について考えるちょうどよい機会ですので、ぜひご参加ください。
■内容
実施日:10月2日(土)
テーマ:「今、なぜ、生物多様性か?」
講師:五箇公一(国立環境研究所 環境省外来生物プロジェクトリーダー)
実施日:10月10日(日)
テーマ:「ぐんまの生物多様性の現状『ぐんまの魚類・鳥類』」
講師:斉藤裕也(ヤリタナゴ調査会会長)、浅川千佳夫(日本野鳥の会群馬代表)
実施日:10月16日(土)
テーマ:「ぐんまの生物多様性の現状『ぐんまのツキノワグマ』」
講師:姉崎智子(群馬県立自然史博物館学芸係)、原田林太郎((財)尾瀬保護財団)

実施日:10月23日(土)
テーマ:「ぐんまの生物多様性の現状『所変われば植物変わる』」
講師:大森威宏(群馬県立自然史博物館学芸係)、青木雅夫(館林市つつじ研究所長)
実施日:10月30日(土)
テーマ:「なぜ?昆虫はこれほど種類が多いのか『昆虫の多様性』」
講師:矢島稔(群馬県立ぐんま昆虫の森園長)
(以下、各実施日共通)
■時間
13:30~15:00(受付 13:00~13:30)
■会場
群馬県立自然史博物館 学習室
(群馬県富岡市上黒岩1674-1)
■対象
小学5年生以上向き
■定員
100名(先着順)
■参加費
無料
■申込方法
実施日の1か月以上前より電話で申し込む
■申込み・お問い合わせ先
群馬県立自然史博物館 教育普及係 
電話 0274-60-1200
■関連URL
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/view/servlet/MuseumTop(群馬県立自然史博物館HPへのリンク)



< 前ページに戻る
PAGE TOP