尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

平成22年度尾瀬ガイダンスのお知らせ(参加者募集中!)

 尾瀬国立公園では、自然保護と自然体験・地域振興を目的に、エコツーリズムを推進しています。
このため、尾瀬保護財団・日本旅行業協会では尾瀬ガイダンスを開催し、尾瀬ツアーを企画している旅行会社や出版社を対象に、尾瀬の利活用について学んでいただきたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしております。
                                   主催:(財)尾瀬保護財団
                                       (社)日本旅行業協会
                                   後援:尾瀬山小屋組合
イベント名
  「尾瀬ガイダンス ~尾瀬エコツーリズムがめざすもの~」
会場・日時
  平成22年12月20日(月)14時30分~16時30分 (受付は14時~)
  社団法人日本旅行業協会 研修室(千代田区霞ヶ関3-3-3全日通霞ヶ関ビル4F)
内容
  ◇今年の尾瀬エコツアー動向
  安類智仁(尾瀬保護財団企画課
    今シーズンも尾瀬では様々なエコツアーが開催されていました。参加しなくては分からない尾瀬エコツアーの魅力。そんな数々のエコツアーを「いつ? 誰が? どんな内容で? どんな評価だった?」のかを紹介しつつ、最近の尾瀬エコツアー動向をお伝えします。どんなツアーが人気があるのか?を知りたい方や、魅力的な尾瀬エコツアーに参加したい方にオススメです。
  ◇尾瀬での過ごし方提案
  塩田政一氏(尾瀬認定ガイド協議会会長
  宮崎晴郎氏(片品村観光協会事務局長
    エコツアーに欠かせない存在がガイド。でもガイドって依頼したこともないし、どんな事をしてくれるのかも分からない。尾瀬国立公園では平成21年から「尾瀬自然(登山)ガイド」の認定を受けたガイドたちが活躍しています。そんな認定ガイドたちの活動について紹介します。
    後半は尾瀬の周りの旅館や観光スポットを紹介しつつ、地元で遊べる・楽しめるプログラムを提案します。尾瀬を含めた滞在型ツアーを作る上での情報が盛りだくさんです。
  ◇尾瀬エコツアーの商品化
  安類智仁(尾瀬保護財団企画課)
    観光市場が変化する中で本当に「価値残る」エコツアーはどうやって作るのか? まだまだエコツアーの可能性が多くある尾瀬の様々な姿を紹介しつつ、今後の尾瀬エコツアーの商品化について探ります。
  ◇平成23年度尾瀬ツアー企画時の配慮事項
  小野里典明(尾瀬保護財団企画課
    来シーズンの交通規制、混雑予測、通行止め、キャンプ場休止、地元エコツアーのタイアップ、パンフ&webの活用…… といったツアー企画時に必須のヒントとポイントを紹介。
  ◇質疑
参加対象
旅行会社、出版社、ガイド、尾瀬について興味・関心のある方
その他
  ・会期中は同会場で尾瀬ガイド事業者や、地元市村のパンフレットブースを用意します。
  ・参加していただいた会社には、ご希望によりツアーパンフレット作成のための写真提供、内容相談、服装など装備類・マナー啓発の呼びかけの文言等に協力いたします。
お問い合せ・申込先
下記の参加申込表へ必要事項を記入の上、12月16日(木)までにお申し込みください。
  ◆mail/guidance@oze-fnd.or.jp
  ◆TEL/027-220-4431
  ◆FAX/027-220-4421
  ◆実施要領[JPEG
  ◆参加申込表[JPEG



< 前ページに戻る
PAGE TOP