尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

尾瀬学習推進インタープリター養成講座開催のおしらせ

群馬県では、尾瀬学習推進事業として、学校や地域に県職員を講師として派遣し、尾瀬について学ぶ出前授業(移動尾瀬自然教室)や県民向けの尾瀬学習講座(尾瀬に親しむ県民講座)を開催しています。この事業をさらに充実したものとするため、尾瀬学習を支援するボランティア(尾瀬学習推進インタープリター)の養成講座を開催します。多くのみなさんの養成講座への参加をお待ちしています。
■1 養成講座について
(1)名称  尾瀬学習推進インタープリター養成講座
(2)日時  次の2日間、全日程の受講が原則です。
    ・平成20年 3月 1日(土) 10時00分から16時30分
    ・平成20年 3月 2日(日)  9時30分から16時30分
(3)場所   群馬県庁29階 292会議室(群馬県前橋市大手町1-1-1)
(4)募集人数  40名
(5)受講資格  次の(ア)のすべてを満たし、かつ(イ)のいずれかに該当する方
  (ア)
    ・群馬県が実施する尾瀬に関する事業に理解がある方
    ・養成講座受講後、身近な地域において尾瀬学習活動に参加する意欲があり、必要な時間を確保できる方
    ・尾瀬の成り立ち・自然の仕組み・動植物などについて一般的な知識を有している方
    ・学校等の活動場所へ、自分で集合できる方
  (イ)
    ・尾瀬保護財団の尾瀬ボランティアに登録し、同財団のインタープリテーション研修を受講済みの方
    ・尾瀬での滞在経験が1シーズン以上あり、インタープリテーションに関わる業務経験がある方
    ・尾瀬での滞在日数が多数あり、調査員・ボランティア・ガイド等として活動した経験を有している方
    ・インタープリテーション(自然解説活動)について、2日以上にわたる研修を受講したことがある方
    ・その他インタープリターとしての知識・経験があると認められる方
 (6)講座概要
「移動尾瀬自然教室等の流れをつかむ」ことと「子どもたちに自分の体験談をわかりやすく話せるようになる」ことを目標とし、次の内容を予定しています。
    ・移動尾瀬自然教室の紹介
    ・わかりやすい話し方(演習)
    ・学校における環境学習のとりくみ
    ・児童生徒にわかる言葉づかいと好ましい態度
    ・効果的な授業を行うために
    ・子どもたちにウケる尾瀬のネタ
    ・子どもたちに伝えたい 私の体験談(演習)
講師は、県職員のほか、尾瀬保護財団職員、学校教員(指導主事)、話し方の講師を予定しています。
 (7)申込み方法と申し込み期限
こちらの「尾瀬学習推進インタープリター養成講座 受講申込書」に必要事項を記入して、期限までに提出してください。
【提出先】
  宛先  :群馬県 環境森林部 自然環境課 尾瀬保全推進室
  住所  :郵便番号371-8570 前橋市大手町1-1-1 群馬県庁17階
  FAX  :027-220-4421(送付表は不要です)
  電子メール:kanshizen@pref.gunma.jp
【申込書提出期限】
  平成20年 2月18日(月)必着
 (8)受講費用
受講料は無料です。ただし、受講に必要な交通費、駐車料、昼食代、宿泊費(必要な方)等は、すべて受講者負担とします。
 (9)その他
受講申込みをいただいた方には、後日、講座の詳細を通知します。
講座開催は、今回限りで、以後の計画はありません。
■2 尾瀬学習推進インタープリターの活動について
養成講座を受講した方には、尾瀬学習推進インタープリター(以下、「IP」と略します。)として活動していただきます。以下のような条件での活動となりますので、あらかじめご承知おきください。
 (1)IPの役割
 IPの主な役割は、当面、移動尾瀬自然教室での講師補助です。移動尾瀬自然教室では、講師は尾瀬保全推進室職員が担当しますので、具体的な活動内容はその担当職員の指示に従っていただきます。IPには、開催当日に、授業プログラムの進行の補助をし、また、ご自身の尾瀬での体験談を数分程度話してもらうことを予定しています。
 (2)移動尾瀬自然教室の流れとIP活動
 移動尾瀬自然教室は、学校からの申込みに応じて開催します。通常は2ヶ月前を期限に申込みを受け付け、日程調整を経て、開催の日時・場所が決まります。したがって、この日時・場所がIPの活動日・活動場所となります。
 授業プログラムは、開催の約10日前に担当職員が担当教諭と打合せを行って決めます。授業プログラムが決まりましたら、担当のIPにその概要を伝えます。ご自身の体験談を話す場合は、事前の準備もお願いします。
 学校側の受け入れ体制や授業プログラムの内容を優先しますので、開催日であっても、IPの活動機会がない場合もあります。
 (3)連絡方法について
 活動日・活動場所の情報や詳細の打合せのために、担当職員とIPとの連絡手段をあらかじめ決めておきます。予定では、メーリングリストを利用した電子メールでの一斉送信を基本としますので、IPにはインターネット・ウェブサイト閲覧または電子メール送受信の環境をあらかじめ用意していただきます。(携帯メールの利用可否は調査中です。)
 (4)処遇について
 IPは無償のボランティア活動です。活動に対する報酬、交通費等の費用負担は行いません。
<連絡先>
環境森林部 自然環境課 尾瀬保全推進室
〒371-8570
前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2881
FAX 027-220-4421
kanshizen@pref.gunma.jp



< 前ページに戻る
PAGE TOP