尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

尾瀬パークボランティア募集(環境省より)

■1 パークボランティアについて
 国立公園において、自然環境調査、自然観察会等における自然解説活動や美化清掃、利用施設の簡単な維持修理などの各種活動について、広く国民の参加を求め、一層の活動の充実と自然保護の普及啓発を図ることを目的として、これらの活動に自発的に協力して頂ける方々をパークボランティアとして登録しています。現在、全国の国立公園の40地区において、各地区の特性に応じた活動実施計画に沿ってさまざまな活動を行って頂いています。
 なお、今回募集された方は、研修会に参加し修了が認められたうえで、パークボランティアの趣旨に同意して頂ける方を登録します。
■2 尾瀬パークボランティアの主な活動地域と内容
 尾瀬パークボランティアは、昭和60年度に発足、昭和61年度から実質的な活動を行っており、現在21名が登録されています。活動内容としては、調査活動、普及啓発活動、清掃活動、自然解説活動、施設の簡易な維持補修活動などを行っています。
 平成20年度には、新たに国立公園に指定された地域(会津駒ヶ岳、田代山・帝釈山地域)での利用マナー等の普及啓発や、ニホンジカを主としたモニタリング調査活動をより一層充実させ活動を展開していく予定です。詳しくは、尾瀬パークボランティア募集要項の活動内容をご覧ください。
■3 募集人数
 40名程度
■4 募集要件
 次の項目すべてに該当することを募集要件とさせていただきます。
[1] 国立公園保護への理解と公園利用者の模範としての自覚を有し、活動に精力的に参加する意志を有すること。
[2] 尾瀬パークボランティアの趣旨に賛同し、平成20年度より尾瀬パークボランティアとして年間10日間以上活動できること。
[3] 尾瀬パークボランティア活動の内容をご理解頂き、野外活動ができる健康と体力を有し、自己の責任のもとに健康管理ができること。
[4] 平成20年4月1日時点で年齢が満20歳以上65歳以下であり、福島県、群馬県、新潟県、栃木県の4県いずれかに現住所をもつこと。
[5] パソコン(携帯電話不可)のE-mailを使用できる環境にあること。
   ※原則E-mailにより活動の連絡、及び活動の出欠をおこなうため。
[6] 「5.養成研修会の実施」のパークボランティアの養成研修会へ参加できること。
■5 養成研修会の実施 
 パークボランティアとして活動していくのに必要な知識・心得等の習得を目的として養成研修会を下記の日時に実施致します。応募される方は、養成研修会への出席が必要となりますのでご承知置き下さい。
日時及び場所: 平成20年3月1日(土)10:00~15:00 於)関東地方環境事務所 会議室
さいたま市中央区新都心11-2 明治安田生命さいたま新都心ビル18F
最寄り駅(さいたま新都心駅)より徒歩2分
所在地はこちらをご参照ください→http://kanto.env.go.jp/map.html
※研修会出席にかかる交通費は自己負担となります。
■6 登録
 研修会での終了が認められた方に対し、平成20年3月末にパークボランティアの登録希望の有無を確認します。登録を希望される場合は、平成20年4月1日付けで登録します。
※パークボランティアとして相応しくない方に対しては、研修の終了を認めないこともあります。
■7 申込み方法
募集要項・申込書は、関東地方環境事務所(URL →http://kanto.env.go.jp/map.html)からダウンロードし入手してください。また、申込書に必要事項を記入し、E-mailにて申し込みください。
 申込み先:N-KANTO@env.go.jp
 締め切り:平成20年2月18日(月)16:00まで
※応募の際は題名に「尾瀬パークボランティア応募」としてください。
※応募者多数の場合は、抽選にて登録予定者を決定させていただきます。
※登録予定者決定後、応募者全員に結果を通知いたします。尾瀬パークボランティア登録予定者に対し、養成研修会に関する詳細をお知らせします。
■8 問い合わせ
 日光自然環境事務所(担当:津田)
 〒321-1434栃木県日光市本町9-5 TEL 0288-54-1076 FAX 0288-53-4154



< 前ページに戻る
PAGE TOP