尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

平成26年度第2回冬期調査(除雪作業等)を実施しました。

11月に実施した第1回冬期調査から約3ヶ月が経ちました。
今回は、第2回冬期調査ということで3月3日~3月7日の日程で尾瀬山の鼻ビジターセンター、
尾瀬ヶ原の橋の除雪作業や巡視に行ってきました。
今回、尾瀬の中にはヘリでの入山になりました。
本来は2日に入山予定でしたが、天気が悪く3日からの入山になりました。
ヘリでの入山
初めてのヘリで少し緊張しましたが、
外を眺めてみると一面雪で覆われた尾瀬ヶ原が見えました。
右側に写っているのが、山ノ鼻地区の山小屋やビジターセンターです。
ヘリから尾瀬ヶ原
ビジターセンターを見てみると、
山の鼻ビジターセンターの様子
1階部分は完全に雪の中に埋まってしまっています。
長く除雪作業を経験している職員も「こんなに積雪が多いのは初めてだ。」と驚いていました。
設置してある積雪計を見ると、約410cmの積雪がありました。
除雪作業の様子
みんなで協力して除雪を進めていきますが、例年より積雪が多いため作業には苦労しました。
時間がかかり焦りもありますが、慎重に安全第一で作業を進めていきます。
続いては、尾瀬ヶ原方面の様子です。
尾瀬ヶ原の様子
正面にあるはずの燧ヶ岳は、ガスで見ることができません。
一面雪景色です。
下ノ大堀川橋の除雪
下ノ大堀川橋の様子です。
湿原の上に約350cm、橋の上に約170cmの積雪がありました。
しっかり除雪しておかないと、雪の重みで曲がってしまう恐れがあります。
竜宮公衆トイレの様子
竜宮公衆トイレの様子です。これほど雪があるのは珍しいことです。
至仏山の様子
今回、天気に恵まれない中での作業が続きましたが、除雪作業が終了した6日は晴天に恵まれました。
写真は、その時の至仏山の様子です。
今回、なかなか見られない厳しい冬の尾瀬の様子を紹介しました。
これから2ヶ月後には雪解けが始まり、尾瀬のシーズンが始まります。
来シーズンはどんな景色が見られるのか、楽しみに雪解けを待ちたいと思います。
担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP