尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

H26年度第一回冬期調査(11/27-28)

11月27日~28日に1泊2日で第一回冬期調査を実施しました。
前回の作業から約半月が経ちました。
前回の作業は、下記のURLをご確認下さい。
平成26年度山の鼻ビジターセンターの閉所及び橋板取り外し作業(11/9-11)
今回は、その後の公衆トイレ、橋の状況を点検、調査するために尾瀬に入りました。
その時の冬の尾瀬の様子を紹介します。
鳩待峠の様子
【鳩待峠の様子】
現在、尾瀬に通じる道路は閉鎖されていますが、
特別に許可をもらい工事関係で除雪されていた鳩待峠まで入ることができました。
またこの時、鳩待峠には20cm程の積雪がありました。
鳩待峠~山ノ鼻間の様子
【鳩待峠から山ノ鼻間の様子】
山ノ鼻へ向かう登山道にも雪があり、木道もよく分からなくなっています。
また一部凍結も見られ、滑らないように普段より慎重に歩きました。
山の鼻ビジターセンター
【山の鼻ビジターセンター】
約半月ぶりのビジターセンターです。
思っていたよりも、雪は多くはありませんでした。
凍る池塘
【凍る池塘】
尾瀬ヶ原では、木道上の雪はほとんど溶けていましたが、
池塘の多くは凍結していました。
橋
【下ノ大堀川橋】
尾瀬ヶ原の橋は、橋板が外されているため橋桁を慎重に渡らなければなりません。
冬の尾瀬
【至仏山の様子】
至仏山もすっかり白くなりました。
どのくらいの積雪があるのか気になります。
シカの足跡
【シカの足跡】
こちらは、ビジターセンター前で撮影したシカの足跡。
雪が少ないせいか、まだ尾瀬の中にシカが残っているようです。
今回は思っていたほど雪もなく、
天気も大きく崩れることなく無事に終えることができました。
次に尾瀬に入るのは、来年の3月を予定しています。
また作業後に、その時の様子とより厳しい冬の尾瀬を紹介します。
担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP