尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

第2回冬期調査(除雪作業)を実施しました

第2回冬期調査ということで3月12日~3月15日の日程で山ノ鼻ビジターセンター、
尾瀬ヶ原の橋の除雪作業、巡視にいってきました。
今回、戸倉から山ノ鼻までヘリでの入山になりました。
入山日当日は天候にも恵まれ、絶好のフライト日和となりました。
ヘリ
ヘリから外を眺めると雲一つ無い晴天で、冬の装いの燧ヶ岳がくっきりと姿を表し、
尾瀬ヶ原も一面雪に覆われています。
ひうち
まず山ノ鼻ビジターセンターの様子ですが、こちらです。
ビジターセンター
私も初めて冬の尾瀬に入りましたが雪の量に驚愕しました!!
この屋根の上に突き出るように積もる、まるでおばけのような雪庇。
積雪量は多いところで4mほども積もっていました。
ビジターセンター除雪
雪の重みで建物が壊れないように、このように何日もかけてせっせと雪を下ろしていきます。
決して楽な作業ではなく、一歩間違えば転落の危険性があり慎重に作業を進めていきます。
次に各地の様子として
原の川上川橋
原の川上川橋。
下の大堀川橋除雪
下の大堀川橋。
こんな丈夫な鉄骨で組まれた丈夫な橋桁も、雪の重みで曲がってしまう恐れがあるのです。
竜宮
竜宮小屋、公衆トイレ。
竜宮沼尻川
竜宮沼尻川橋。
集合写真
最後に職員全員で記念撮影。
今回はほぼ天候にも恵まれ、作業も順調に終了しました。
冬の尾瀬は人が容易には立ち入ることが出来ない厳しい環境です。
そんな中で職員一同、貴重な体験をすることができました。
まだまだ尾瀬の冬は長いですが、安心してシーズンが迎えられるように準備が始まっています。
担当:大泉



< 前ページに戻る
PAGE TOP