尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山東面登山道の保護柵撤去作業を行いました

実施日:平成24年10月27日(土)
残り少ない尾瀬シーズンとなってきました。
山小屋の大半が営業終了となり、従業員のみなさんは口々に「良いお年を~♪」と下山していきます(ちょっと早いですけどね)。
私たちの現地活動も残すところあと半月。
この日は至仏山登山道沿いに設置された保護柵(立ち入り禁止柵)の撤去作業を行いました。
もともと28日(日)に行う作業でしたが、天気を見て急遽1日作業を早めました。
にも関わらず、ボランティアの皆さんは二つ返事で「もちろん行きますよ!」。
参加予定者は1人も欠けることなく、11人で行う事ができました。

20121027至仏山保護柵撤去作業IMG_0929 (Large)

当日の天気は快晴! というわけでなく曇り・・・。
この時期としては気温が高く、至仏山登山をしながらの作業に半袖のボランティアさんもいました(スゴイ!)。
東面登山道の中腹までは尾瀬ヶ原を見下ろすことができました。美しい風景に力をもらいながら、終始談笑しながらの作業でした。
20121027至仏山保護柵撤去作業(作業後)IMG_0928 (Large)

え? 作業はしたのかって??
えぇ、きちんとやりましたよ。ということで証拠写真。
(左)作業前、(右)作業後
え? 何やったのか分からないって??
そうなんです。最近の保護柵は登山道を崩さないよう、細い鉄製の串とロープで作られているので、作業前後が分からないですね。
この保護柵ってカメラマンにとっても余計な人工物が写らないので良いかも!?
20121027至仏山保護柵撤去作業IMG_0940 (Large)

予定通りの作業を終えて山頂で昼食。さすがに山頂付近は風も冷たくて、大変の参加者がダウンジャケットを着ていました。さすが常連さんたち!
山頂から鳩待峠への下山は、数日前に降った雪で滑りやすくなっていて結構苦労しましたが、シーズン最後の至仏山登山を名残惜しむように、振り返りながらの帰路となりました。
今シーズンも沢山の方にご協力いただいたボランティア活動でしたが、この作業で尾瀬ボランティア活動はひとまず終了ですね。本当にみなさんお疲れ様でした!
担当:安類(あんるい)



< 前ページに戻る
PAGE TOP