尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

「尾瀬を知る」フィールド講座 「尾瀬ヶ原湿原の不思議をさぐる」を開催しました

実施日:平成24年8月4~5日
今シーズン5回目の「尾瀬を知る」フィールド講座のテーマは、ズバリ「尾瀬ヶ原」!
「尾瀬 = 湿原」のイメージはゆるぎないものだけど、そもそも「湿原」ってどんな自然なんだろう??
という素朴な疑問に応えるべく、前々からこのテーマで開催したいと考えていた講座でした。
連日の暑さと小雨という恵まれた(?)条件の中で、15名のご参加をいただきました。
では、当日のようすを少し紹介しますね。

20120804~05フィールド講座「尾瀬ヶ原湿原の不思議をさぐる」DSC08888 (Medium)

まず1日目の午後は屋外が暑いので、室内で座学です。
内容は非常にハイレベル! ですが、できるだけ分かりやすく、体験や図表を使って解説していきます。
特に尾瀬ヶ原周辺に点在する他エリアの湿原との共通点は、自称「湿原ハンター」の私にとって、前々から伝えたい話題でした。
20120804~05フィールド講座「尾瀬ヶ原湿原の不思議をさぐる」DSC08890 (Medium)

こんな感じに体験や、身の回りにある物を使って、湿原のメカニズムや面白さを解説していきます。
それぞれで何をやっているのかはヒ・ミ・ツ。
ぜひ来年の講座にご参加ください!
20120804~05フィールド講座「尾瀬ヶ原湿原の不思議をさぐる」DSC08930 (Medium)

2日目は座学の内容を実際に見て回るフィールドワークを行いました。
両日とも大快晴の恵まれた天気で、特にフィールドワークは日射しとの闘いでしたが、
写真のとおり、参加者のみなさんのスゴイ熱意! を感じながらの進行となりました。
20120804~05フィールド講座「尾瀬ヶ原湿原の不思議をさぐる」DSC08965 (Medium)

今回の講座は上ノ大堀川までで終了。実はこの辺りが湿原の講座のハイライトですが・・。
そして夏空を映す池塘と、奥にそびえる燧ヶ岳を背景にパチリ。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
次回は当財団の人気講座「尾瀬ヶ原アニマルウォッチング」です。
まだ若干名の空き定員がありますので、お申込をお早めに。
そして次回のレポートをお楽しみに!!
担当:安類(あんるい)



< 前ページに戻る
PAGE TOP