尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山開山前の除雪作業を行いました

20120628至仏山除雪作業P1100336 (Large)

至仏山の残雪期閉鎖が解禁になるのが7月1日。
今日はその直前に、登山道上にある除雪作業に行ってきました。
尾瀬もだんだんと暑い日が多くなっていますが、至仏山にはこの時期でも
3m以上の残雪が残る区間が大きく2ヶ所あります。長さはそれぞれ200mくらい。
20120628至仏山除雪作業P1100340 (Large)

この場所の除雪作業をやるわけですが、その目的は登山者の安全ではなく、植物保護のためなんです。
え?? どうして?? と思われるかもしれませんが、開山直後の至仏山では、登山者が残雪を
避けて周りの植物に入り込む状況が多発しており、残雪周辺には無数の道が出来てしまっています。
こういった状況を少しでも無くすため、除雪作業をやっているわけです。
ちなみに残雪が遅くまで残る場所は、実は登山者が喜ぶお花畑区間なんです。
このお花畑が生育する理由の一つが「残雪に遅くまで覆われていること」なので、
除雪とはいえ、完全に雪を除去してしまうと、お花畑そのものへの影響もあります。
少し矛盾がありますが、こうした事情があって、慎重に除雪(!)しています。
20120628至仏山除雪作業P1100371 (Large)

ここは鳩待峠から登山を始めて2番目に尾瀬ヶ原が見える、通称「三角ベンチ」周辺です。
(左)除雪前、(右)除雪後
除雪した場所以外は出来るだけ歩かないようお願いします。
20120628至仏山除雪作業P1100362 (Large)

こちらはあとひと上りで小至仏山に到着する、通称「流紋岩地帯」周辺です。
(左)除雪前、(右)除雪後)
思ったよりも斜度があり、特に下る際には通行に注意が必要です。
20120628至仏山除雪作業P1100342 (Large)

同区間を上から眺めたところ。
残雪には階段状のステップが作られているので、慌てずに慎重に往来してくださいね。
また同様に除雪した場所以外を歩かないようご注意ください。
20120628至仏山除雪作業P1100355 (Large)

至仏山山頂から見た尾瀬ヶ原。
ここから先、山ノ鼻までの行程は「上り専用」区間です。この先の登山道を歩きたい方は、
ぜひ山ノ鼻をスタートして、鳩待峠に下山する行程を組んで来て下さいね。
私たちも除雪&登山でクタクタになりながら下山しました。
みなさん安全で自然に配慮した至仏山登山をお楽しみください!
担当:安類



< 前ページに戻る
PAGE TOP