尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

フィールド講座 「尾瀬ヶ原ネイチャースキーハイキング1」を開催しました

平成24年度最初の「尾瀬を知るフィールド講座」がスタートしました。
まずは残雪がたっぷりと残る尾瀬ヶ原で、「尾瀬ヶ原ネイチャースキーハイキング」を行いました。
それにしてもこの大快晴ぶり!
自称「雨男」のスタッフが参加しているこの講座ですが、あまりの晴れっぷりに講座終了時には全員が日焼けしてしまいました。
では当日のようすをどうぞ。

20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100170 (大)

まずはネイチャースキーを初めて履く方も多いので、滑り方講座から。
最初は履いて立つこともままならない参加者も、小一時間ほどでなんとなく滑れるように・・・。
20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100191 (大)

少し滑れるようになってきたので、グリーンシーズンには入ることのできない研究見本園の奥へと行ってみることにしました。
至仏山のムジナ沢がよく見えます。
ちょっとした斜面を使って「大ダウンヒル大会」がスタート!
こんな地形を使っての遊びがホント面白い!
20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100186 (大)

で、見本園の奥にある天然カラマツの巨木まで行ってみることにしました。
このカラマツは3人で手を回しても届かないほどの巨木で、なんでも「日本で2番目に太いカラマツ」なんだそうな。
この木も普段は見ることのできないものです。
20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100209 (大)

2日目は尾瀬ヶ原へと行ってみることにしました。
尾瀬ヶ原では雪解けがすすみ、あちこちでリッジ状に残った雪の上をヒヤヒヤしながら進みました。
それにしても・・・あ、暑い!
最初はフリースや雨具を来ていた参加者もいましたが、最後はもれなく薄着になってのスキーとなりました。
中には半袖シャツの方も!
20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100214 (大)

最後は至仏山をバックにみんなで記念写真。
ネイチャースキーを使って、雪景色の尾瀬ヶ原の隅々を滑り、変化に富んだ面白い講座だと思いますが、
一方でけっこう体力も使います・・・。
ご参加いただいたみなさま2日間、めいっぱい動き回り、本当にお疲れ様でした~♪

担当:安類(あんるい)



< 前ページに戻る
PAGE TOP