尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山誘導ポールの設置作業を行いました

今週金曜日には鳩待峠の車道が開通して、多くの登山者や山スキーヤー・ボーダーたちが至仏山へ登ってきます。
この光景は夏シーズンの尾瀬を知っている人からは信じられないような感じですが、ひょっとしたらシーズンで一番至仏山に登る人の数が多いかも知れませんね。
ただ、雪が薄くなった所に不用意に入り込んで植物を傷めてしまったり、
トイレをそこら辺でしてしまったりと、近年の登山者増に伴っていろいろな問題が起きています。
今回の作業は雪の薄くなった所へ入り込まないよう、また、シーズン最後まで安全に通行できるルートを確定しようと、赤ポールの設置作業を行いました。
今年は例年よりも雪解けが早まりそうな雰囲気です。
至仏山を滑りたい人は、自己責任で入山いただくこと意識していただき、至仏山特有のルールを守って登山いただくよう、お願いします。

20120425至仏山誘導ポール設置作業P1030887 (大)

今のタイミングでは雪はあるように見えますが、近くによると例年に無い薄雪であることが分かります。
20120425至仏山誘導ポール設置作業P1030885 (大)

(左)鳩待峠 積雪深 178cm
(右)第1ピーク手前 212cm
20120425至仏山誘導ポール設置作業P1030888 (大)

第1ピーク奥 266cm
20120425至仏山誘導ポール設置作業P1030901 (大)

積雪深を測ったあとは、誘導ポールの設置をしながら山ノ鼻へと下山しました。
担当:安類(あんるい)



< 前ページに戻る
PAGE TOP