尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山東面登山道の柵外し作業を行いました

2011年尾瀬シーズンも残すところ僅かとなりましたが、10月23日(日)に至仏山東面登山道の柵外し作業を行ってきました。
至仏山では、登山道以外への踏み込みにより植物を痛めないよう、シーズン中はロープ柵を設置していますが、冬に備えて柵を外しロープを束ねて登山道脇に保管する作業を、尾瀬ボランティアをはじめ総勢16名で行いました。
作業前日までは雨も覚悟していましたが、当日は晴れて、尾瀬ヶ原や燧ヶ岳、会津駒ヶ岳、平ヶ岳を望むことができました。
8時30分、作業のため山の鼻ビジタセンターを出発です。
写真が小さくてわかりづらいですが、皆さん笑顔で楽しそうです!
20111023_01.jpg
作業は、山ノ鼻からDブロック下までの班と、Dブロックから高天ヶ原までの班の二班に分かれて行いました。
登るだけでも大変なはずなのですが、みなさん手慣れていて次々に柵を引き抜き、ロープを束ねて登山道脇に保管していきます。
20111023_02.jpg
10月4日に植生復元作業を行ったDブロックです。
今年行った作業の結果が来年すぐにわかるというものではありません。植生回復には長い月日が必要です。
植生保護のためにも、登山道から外れないよう、みなさまのご協力をお願いします。
20111023_03.jpg
ほとんどの山小屋は23日までに今シーズンの営業を終了しました。
入山者の少なくなった尾瀬ヶ原では各所で木道工事が行われています。
山ノ鼻地区では、山の鼻小屋と尾瀬ロッジ前、研究見本園・至仏山へ向かう木道が新しくなっていました。
下の写真でわかるでしょうか?(クリックすると大きな写真になります)
20111023_04.jpg
Dブロックからは上は岩場での作業もありますが、みなさんごく普通に作業をしています。
20111023_05.jpg
11時10分、高天ヶ原のベンチまで作業が終わりましたので、ここで昼食をとりました。
きれいな景色を見ながら食べる昼食はおいしいですね。
昼食後は再び作業開始です。
20111023_06.jpg
木杭は重くて引き抜くのが大変ですが、高天ヶ原上部のIブロックにて、すべての作業が無事に終了しました。
参加していただいたみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました。
あとは、至仏山山頂経由で鳩待峠へ下山するだけです。(東面登山道は植生保護と登山者の安全確保のため下り禁止となっています
20111023_07.jpg
山頂手前で振り返ると、横田代とアヤメ平がよく見えました。
写真には写っていませんが、尾瀬沼や鳩待峠も見ることができました。
20111023_08.jpg
12時05分、無事に至仏山山頂へ到着しました。
山頂では15人くらいの登山者の方が昼食を食べていました。
後から到着した登山者の方に集合写真を撮影していただきました。ありがとうございました。
20111023_09.jpg
下山を始めると小至仏山の南面あたりから雨が降り出したため、通称「三角ベンチ」でレインウェアを着ましたが、この後すぐに雨はあがりました。
20111023_10.jpg
鳩待峠から至仏山へ向かって1kmのところに道標がありますが、そこから至仏山方面に50mくらい行ったところに3カ所ほど大きく掘れている箇所がありますので、通行の際は十分ご注意ください。
20111023_11.jpg
14時15分、全員が無事に下山しました。
改めて、参加していただいたみなさま、どうもありがとうございました。
それでは、来シーズンまた尾瀬でお会いしましょう!
20111023_12.jpg
尾瀬保護財団からのお願い
車道閉鎖まであと僅かですが、今後、今シーズン終了までに至仏山を登山される方は、次のことに注意してください。
・十分な装備を整えて余裕のある行程を組んでください。
・鳩待峠と山ノ鼻地区の山小屋の営業は終了しました。
・至仏山にはトイレがありませんので、携帯トイレの携行をお願いします。
・ゴミは各自でお持ち帰りください。
・登山道から外れないようにしてください。
・東面登山道は植生保護と登山者の安全確保のため上り専用です。下りは禁止となっています。

担当:井上



< 前ページに戻る
PAGE TOP