尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

誘導ポール点検作業を行いました (鳩待峠~至仏山~山ノ鼻~鳩待峠)

吹雪と快晴が毎日ように入り混じる不安定な日が続いていますが、
今日は山頂から山ノ鼻へと下る際の誘導ポール点検作業を行ってきました。

PL1150263 (中)

大型連休が始まり、至仏山にも大勢の登山者が来ていました。
また登山口には登山者カードが設置されました。
入山の際にはぜひ投函して行ってくださいね。
さぁ、いつもの積雪深。
PL1150267 (中)

(左)鳩待峠 188cm(4月26日の計測から-21cm)
(中)第1ピーク前 205cm(同-17cm)
(右)第1ピーク奥 280cm(同-20cm)
PL1150266 (中)

この日も明け方に雪が積もったせいか、真っ白に化粧した至仏山が青空に映えていました。
PL1150280 (中)

(左)登ってきた道のりを振り返ると、笠ヶ岳の向こうには上州武尊山がそびえていました。
(右)至仏山頂へと続く稜線。多くのスキーヤー、スノーボーダー、登山者が行き交っています。
PL1150287 (中)

(左)稜線付近は西側からの強い卓越風で雪の無い場所があります。なんとも自然の色合いは絶妙ですよね。
(右)霧氷の着いたオオシラビソ。厳しい自然が作り出した芸術品です。
PL1150292 (中)

(左)賑わう山頂。今日は50~60人の方が山頂で憩っていました。
(右)今日のポール点検スタッフ。
PL1150306 (中)

すみません、ポール点検作業がデジカメの故障で撮影出来ませんでした・・・。
ただ、当初設置した場所が少し高めに設置されていたので、スキーでトラバースしても分かるように若干下に設置しなおしています。
(左)少し戻って山頂から見た尾瀬ヶ原と、その手前は「植生保護のための立ち入り禁止地域」。今年は例年以上の残雪がありますが、山頂からムジナ沢へと抜ける辺りの積雪が例年よりも少ない状況です。植物保護のため、ここへの立ち入りはご遠慮ください。
(右)山ノ鼻を経由して無事に鳩待峠へ下山。最後は鳩待山荘前に設置された望遠鏡でポール設置状況や、遅い時間に歩いている人がいないか等をチェックして作業が終了しました。
担当:安類



< 前ページに戻る
PAGE TOP