尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

「スノーシュー体験教室inゆのたに」を取材しました

先日、おかげさまで機関誌「はるかな尾瀬vol.15」を発行することができました。
現在、次号vo.16の発行に向けて準備を進めているところですが、尾瀬から学ぶスローライフに記事を掲載するため、2月6日(日)に新潟県魚沼市で開催された”スノーシュー体験inゆのたに(主催:湯之谷商工会)”を取材してきましたのでレポートします!
このスノーシュー体験イベントは、スノーシュートレッキングを通じて、雪国ならではの自然とのふれあいを楽しく体験してもらうために開催されたものです。
当日は、地元ガイドの今井正樹さんの案内により、8名のグループで、薬師スキー場を出発しました。
スノーシューを初めて履く参加者も多く、今井さんが親切に使用方法をアドバイス。
IMG_5264001.jpg
準備を整え、まずはリフトで山の上まで。霧の中での太陽がとてもきれいでした。
IMG_5290001.jpg
IMG_5296001.jpg
リフトを降りると、雪をまとった鳴倉山(標高:579m)の姿に圧倒されました。
ここからスノーシュートレックのスタートです。
IMG_5327001.jpg
途中、動物の足跡や樹木について、今井さんに自然解説をしていただきながら、城山山頂(標高:805m)へ。
IMG_5342001.jpg
城山山頂からは、魚沼丘陵の山々と魚沼の町並みが一望でき、雪国うおぬまの美しさを実感しました。
IMG_5371001.jpg
下山する頃には、朝方の濃い霧も晴れ、絶景の中を歩く、歩く、歩く。
IMG_5405001.jpg
IMG_5441001.jpg
最後はお約束のスリル満点のおしり滑り!
IMG_5461001.jpg
スキー場に下山すると、スタートからちょうど2時間、あっという間でした。
このスノーシュー体験は、自然への理解を深めるきっかけとなることはもちろんですが、何より”楽しい”という一言に尽きます。トレッキング中に目に入る木々や、動物たちのフィールドサインに自然の営みを感じ、そして、目の前に広がる風景に心を奪われます。ガイドさんの案内のもとで、安心して充実した体験をすることができました。
詳細は、次号機関誌で紹介しますので、お楽しみに。
このイベントは2/12(土)、13(日)、26日(土)、27日(日)も開催されます。詳しくは、魚沼市観光協会のホームページでご確認ください。
http://www.city.uonuma.niigata.jp/kankou/
担当:小野里



< 前ページに戻る
PAGE TOP