尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

尾瀬ボランティアさんと尾瀬ヶ原に巡回&清掃に行きました

運良く梅雨の合間の晴れとなった7月10日(土)に、
尾瀬ボランティアさんと一緒に尾瀬ヶ原に巡回&清掃に行ってきました。

P1120232 (Medium)

この日はワタスゲ(花穂)が終盤でしたが、まだまだ湿原を埋め尽くす白い綿毛たちは見ごとで、
ゴミはないかと足元を見たり、風景を見たりと大忙し・・・。
それでもこの10年で尾瀬のゴミは非常に少なくなりました。
何しろ目を皿のようにしてもなかなか見つかりません。
でも尾瀬ボランティアさん達は黙々と作業をしています。
P1120259 (Medium)
P1120265 (Medium)

そんな中、私はチョット写真撮影。
とりあえずワタスゲの様子から。今年はワタスゲの当たり年でしたねぇ~。
 (左上)牛首分岐付近
 (右上)牛首分岐~ヨッピ吊橋
 (中下)牛首分岐~ヨッピ吊橋
P1120241 (Medium)

それからこちらはお待ちかねのニッコウキスゲのようす。
ひとまず写真は下ノ大堀川橋付近のものです。まだ1部咲きくらいだと思います。
この場所の見ごろは7月20日前後かな?
でも連休中はこの場所は結構混みますので、できれば前後の平日をオススメします。
P1120295 (Medium)

と言うわけで、山ノ鼻に戻ってきてみんなが拾ったゴミをチェック!
どうでしょうか?
やはり多かったのはアメの包み紙ですね。ポケットにしまい込んだゴミが何かの拍子に
落ちてしまったかもしれませんね。
登山者のみなさまもズボンから物を取り出す時にはご注意を。
次点は輪ゴム、梅干しの種、ペットボトルなどなど、どれも点数は少ないですが、ベンチ付近に
落ちている事が多かったようです。
P1120254 (Medium)

こうして一日晴れに恵まれた巡回&清掃が終わりました。
写真はヨッピ吊橋の休憩ベンチで撮ったもの。
どうですか? みんな良い顔してますネ。
ゴミの少なくなった尾瀬では「必要ないのでは?」と言われる活動ですが、
ボランティアさんがゴミを拾っている姿を登山者のみなさんにも見てもらうことも、大切な
マナー啓発だと尾瀬保護財団は思っています。
これを読んでくれたみなさんもご一緒にボランティア活動してみませんか?
担当:安類(あんるい)
尾瀬ボランティア活動の詳しいことはこちらをご覧ください



< 前ページに戻る
PAGE TOP