尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山登山道立入防止柵設置作業を実施しました

平成22年6月20日(日)に、7月1日(木)の山開きが間近になった至仏山の登山道立入防止差柵の設置作業を行いました。
当日は梅雨の中休みで、予想よりよい天気の中、尾瀬ボランティアさん22名と財団スタッフ6名で作業を行いました。
作業区間は東面登山道でしたので、まず山の鼻登山口から入山し、作業地を目指しました。この時期の森林中は湿度が高く、なかなか厳しい登山でした・・・。
DSCF0210002.jpg
登山道立入防止柵設置作業は、昨年シーズン終了前に撤去し登山道脇に保管してある支柱を立て、ロープを張る作業で、ボランティアさんたちは慣れた手つきで、次々と柵を立てていきます。
DSCF0250002.jpg
DSCF0278002.jpg
作業途中、目前に広がる尾瀬ヶ原の絶景は、貯まった疲れを忘れさせてくれるものでした。
DSCF0240001.jpg
多くのボランティアさんの協力のもと、作業は、安全に、スピーディーに、終了することができました。参加していただきましたボランティアさん、どうもお疲れさまでした。
DSCF0284002.jpg
P1010529.jpg
至仏山は、7月1日(木)に山開きとなりますが、山開き直後は、至仏山山頂直下や小至仏山~オヤマ沢田代間で、雪渓が残りますので、ご注意ください。その他の至仏山に関するお知らせも含め、下記ホームページにて下調べし、十分な装備を整えて入山してください。
平成22年シーズン至仏山入山の皆様へ



< 前ページに戻る
PAGE TOP