尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

平成22年度「ごみ持ち帰り運動」キャンペーンを実施しました

平成22年6月5日、鳩待峠、大清水、沼山峠において、「ごみ持ち帰り運動」のキャンペーンを実施しました。ごみ持ち帰り運動は、ごみのない尾瀬を目指し、尾瀬の利用者が広く環境保全について関心と理解を深め、積極的に環境保全活動に取り組めるように、昭和47年から始まったものです。
尾瀬のごみ持ち帰り運動は、シーズンを通じて実施していますが、ごみ持ち帰り運動をより多くの方に知っていただき、活動を広げていくために、毎年6月の第一土曜日にキャンペーンを実施しています。当日は、あいにくの天気でしたが、ミズバショウの見頃の時期でたくさんのハイカーが訪れ、行政、企業、地元の関係者などキャンペーン参加者は、積極的に入山者に声がけを行いました。
このごみ持ち帰り運動の精神が、多くの方々に伝わり、いつまでも美しい尾瀬が守れることを願っています。
<大清水でのキャンペーンのようす>
DSCF0020.jpg
DSCF00341.jpg



< 前ページに戻る
PAGE TOP