尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山の誘導ポール撤去作業に行ってきました

大型連休が終わり、5月7日から6月30日まで至仏山は登山禁止となります。
今回は至仏山が一休みするのにあたって、大型連休中に設置された誘導ポールの回収に出掛けました。
※注 大型連休中に行われていた至仏山対策についてはこちらをご覧ください。
P1110511 (Medium)
(左)連休が終わった鳩待峠はひっそりとしていました。写真のとおり至仏山登山口には立入禁止ロープが設置されています。
(右)ここからは財団スタッフ2人だけの登山です。今後の参考データとなるよう、積雪深を図りながら進みます。鳩待峠は約80cm。5月1日と比較すると、なんと75cmも溶けたことになります。これには財団スタッフも驚きでした。
P1110515 (Medium)
(左)第1ピーク手前は約90cm。
(右)第1ピーク奥は約100cm。どちらも70~90cmほど融雪しました。
P1110526 (Medium)
(左)小至仏山付近から見た至仏山。昨年のような植生への踏み込みは見あたりませんでした。ただ・・・
(右)夏道が出ている場所には必ずトイレ跡がありました。こんな風景を見るととても悲しくなります。ぜひ至仏山には携帯トイレをお持ちください!
P1110560 (Medium)
鳩待峠から約3時間で山頂。尾瀬ヶ原はまだ残雪があり、雪の量は例年並みかやや多いように思えました。夏山シーズンとはまた違った箱庭的な風景と、写真は取り忘れてしまいましたが、真っ白に輝く越後の山々に囲まれ、しばらく時間を忘れてしまいました。
P1110570 (Medium)
しかしここから悪戦苦闘の下山でした。なにしろ誘導ポール10本と看板を背負っての滑走だったので、2人ともフラフラ、足はガクガクの状態で山ノ鼻にたどり着きました(あんまり大変だったので写真取り忘れました)。
ということで至仏山の残雪シーズンはいったん終了し、7月1日から夏山シーズンがスタートします。
みなさま、至仏山には携帯トイレを持って、安全に、楽しい登山をしましょう!!
担当:安類、小野里



< 前ページに戻る
PAGE TOP