尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

会津駒ヶ岳で機関誌の取材を行いました

平成22年3月27日(土)から1泊2日の日程で、次号の機関誌で駒の小屋を取り上げるため、会津駒ヶ岳で取材を行いましたので、当日のようすを紹介します。
行程は、27日に檜枝岐村の滝沢登山口から入山し、駒の小屋で宿泊。翌28日は、午前中に駒の小屋の小屋主の三橋一弘さんへの取材を行い、午後に滝沢登山口に下山しました。
27日の檜枝岐村内は晴れ。数日前までは天候があまりよくないとの予報だったので、山頂付近では絶景が見られるのではと期待を膨らませて、滝沢登山口を出発しました。
ルートの前半は林内で、差し込む日差しはまぶしいくらいでしたが、とても気持ちよく、歩くスピードも自然と早くなります。
P1100542.jpg
ところが・・・
P1100567001.jpg
駒の小屋までの半分くらいのところまで登ると雪が降り始め、森林限界を抜ける頃には、吹雪のようになり、冷たい風に打たれながら、駒の小屋を目指しました。体力が思ったほどついていかず、冬場の体調管理の失敗を痛感しました・・・。
駒の小屋が近づく頃には、視界もよくはありませんでしたが、駒の小屋さんが設置してくれた遭難防止用の誘導ポールを頼りに、駒の小屋まで一気に登り上がりました。
P1100580001.jpg
駒の小屋には、1階部分を埋め尽くすほどの高さの積雪があり、小屋の看板がかろうじて見えるほどでした。
P1100584001.jpg
滝沢登山口からは約5時間がかかり、時間はすでに午後4時。駒の小屋は自炊なので、急いで夕食を作り、栄養補給を行いました。自炊場での他のグループとの時間を忘れるほどの交流も楽しかったのですが、翌日の取材に万全を期すため、早めに就寝しました。
翌朝、小屋前から会津駒ヶ岳山頂を望む光景は、まさに絶景でした。上る太陽の光が、一面の銀世界を赤く染め、厳しい自然の中での、一瞬の美しさがそこにはありました。
P1100611001.jpg
その後、小屋主の三橋さんへの取材を行い、貴重で楽しいお話をたくさん聞かせていただきました。三橋さんに伺ったお話は、5月下旬頃に発行予定の次号機関誌等に掲載しますので、是非お楽しみに。
P1100639001.jpg
取材を終えた後は、会津駒ヶ岳への山頂に登り、山スキーで下山しました。山頂から下山する前には、斜面の積雪状況を確認する作業を十分に行い、慎重に下山しました。
DSCF0067.jpg
春が近づいてきていますが、会津駒ヶ岳はまだまだ冬の厳しい表情を見せます。入山の際には、しっかりとした事前準備と十分な装備を調えてください。
担当:小野里



< 前ページに戻る
PAGE TOP