尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

機関誌「はるかな尾瀬」取材で、御神火祭(片品村越本)を訪れました

少し前になってしまいますが、尾瀬保護財団機関誌「はるかな尾瀬」の取材のため、
片品村越本地区でこの時期に催される、「御神火祭(ごしんびさい)」を訪れました。
P1090419 (Medium)
まずは祭り前日。大会実行委員事務局の星野一忠さんからお祭りの由来、内容などをお聞きしました。
物静かな話しぶりの中にも、祭り前日のザワ~ッとした雰囲気が感じられ、取材しているこちらも
明日が楽しみになってしまいました。
準備に忙しい中を対応いただき、ありがとうございます。
取材後は時間があったので、祭り会場へ。
国道沿いにはためく旗が、青い空と白い雪にマッチして、とてもキレイでした。
そして翌日・・・
IMG_2532 (Medium)
なんと大雪!
吹雪の中で、関係ないどころか、余計に盛り上がった熱気の中、点火。
雪にも負けず、力強く燃え上がる火の周りを勇壮な御輿が練り歩きます。
この辺は写真を見てもらえれば、その場の熱気が分かると思います・・・。
IMG_2695 (Medium)
1回目の渡御(とぎょ)が終わった後は、会場のみなさんが楽しみにしていた「豆まき」。
もちろんまかれるのは豆ではなく、いろいろなグッズ類です(*^_^*)。
ステージ上にあがった年男から、次々に投げられる豆を拾ってみんな嬉しそうでした。
2回目の渡御が無事に終了し、保存会長のご発声のもと、三本締めで祭りは終了となりました。
それにしても凄い大雪の中、それを上回る熱気に包まれたお祭りでした。
担当:小野里、安類 (取材日:2月5日)


P1090427 (Medium)
締めは鎌田の芳味亭で、いつもの「鳥から定食」。
と、ここでご飯大盛りを注文。
この盛り方は凄い!!
でもあっさりと完食していました。



< 前ページに戻る
PAGE TOP