尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山の柵外し作業を行いました

今年の尾瀬シーズンも終盤となり、ビジターセンターの閉所作業を含め、尾瀬は冬支度へと入っています。
至仏山では登山道脇の植物を踏んで痛めないよう、シーズン中にはロープ柵が設置されているのですが、この日はロープ柵の片付けを行いました。
P1080391 (Medium)
至仏山を登山するだけも大変ですが、登山道横の木杭を引き抜き、その場に倒す作業は結構な労働です。
この作業には財団スタッフだけでなく、屈強な尾瀬ボランティアのみなさまにもご協力いただいています。尾瀬ボランティアのみなさま、毎年こんな重労働にご協力いただき、ありがとうございます!
P1080410 (Medium)
作業日は快晴! とまではいきませんでしたが、東面登山道では作業の合間に振り返ると、晩秋の尾瀬ヶ原を見ることができました。ちなみに森の中でひときわ黄色が目立っているのは、天然のカラマツ林です。
山頂では冷たい風が吹き抜けていて寒かったのですが、みんなで記念写真をパチリ。もうそこまで冬将軍が近づいている雰囲気が感じられました(後発組の集合写真も後日掲載しますね)。
これからの尾瀬は人を寄せ付けない厳しい冬となります。車道が冬季閉鎖されるまであとわずかですが、もしも入山を考えている方はしっかりとした装備、余裕のある行程を組んで安全第一で入山してください。
担当:植原、安類、西口、宍戸



< 前ページに戻る
PAGE TOP