尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

「全国ふるさと市町村圏研修セミナー2008in利根沼田」で事例発表(講演)を行いました

 平成20年10月16日(木)に群馬県利根郡みなかみ町水上温泉水上館において、「全国ふるさと市町村圏研修セミナー2008in利根沼田」が開催されました。この研修セミナーは、利根沼田広域市町村圏振興整備組合が主催し、ふるさと市町村圏の抱える課題と地域振興に関しての研修、情報交換を行い、ふるさと市町村圏の発展を図るために開催されたもので、全国から約150名の広域行政に携わる職員が参加しました。開催テーマは、「水源地の環境保全と尾瀬国立公園へのあゆみについて」。
 この研修セミナーで、当財団の笛田事務局長が、尾瀬国立公園に関しての事例発表を行いました。事例発表は、「新しい国立公園を目指して」と題して、尾瀬の自然特徴、自然保護の取り組み、尾瀬国立公園の誕生及びこれからの課題などについて説明をしました。、尾瀬ビジョンで基本理念として掲げられている”みんなの尾瀬を みんなで守り みんなで楽しむ”を達成するための尾瀬関係者の取り組みを伝えることができ、地域が一体となって様々な取り組みを実施していることに対して、参加者たちは高い関心を持って、熱心に聴講していました。
沼田
沼田3



< 前ページに戻る
PAGE TOP