尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

平成20年度「自然公園ふれあい全国大会」が開催されました

 8月30日(土)から31日(日)に「平成20年度自然公園ふれあい全国大会」が開催されました。今回は「つなげよう はるかな尾瀬から みんなの自然」をスローガンに、常陸宮、同妃殿下をお迎えして檜枝岐村で行われました。
 30日は尾瀬の郷交流センターで式典が行われ、自然保護活動に功績があった方が表彰されたほか、檜枝岐村、南会津町、日光市、片品村、魚沼市の小中学生による誓いの言葉や檜枝岐中学校生徒による歌舞伎の寿式三番叟の披露、檜枝岐小学校児童による夏の思い出の合唱などで尾瀬への想いを新たにしました。また、式典に先立って常陸宮、同妃殿下は御池田代をご視察され、財団職員の安類尾瀬沼ビジターセンター統括責任者がご説明しました。
 31日は尾瀬の郷交流センターでエコツーリズム・シンポジウム「尾瀬でエコツーリズムを考える~静かな時期の尾瀬をガイドと楽しむ~」が開催され、登山家の田部井淳子さん、写真家の白籏史朗さんの講演に続き、尾瀬に関連の深い6名のパネリストが尾瀬でのガイドについてや課題などについて議論が交わされました。
 そのほか、会場隣のふれあい広場では関係市町村や団体がブースを出展したほか、両日にわたって尾瀬へのエコツアーや裁ちそば作りやはんぞう(捏ね鉢)作りの体験コースも開催され、2日にわたってにぎわいました。
<式典>
式典
<エコツーリズム・シンポジウム>
シンポ



< 前ページに戻る
PAGE TOP